FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pythonの勉強開始

サーバーサイドのプログラミングをしたいと思い、無料で使えるGoogle App Engineを使うことにした。
サポートしている言語は Java と Python のみ。(JRubyを使ってRubyを動かすようなこともできるみたい)
Javaの方が日本語情報が豊富そうだが、深く考えずに「スクリプト言語の方が自分にはいいかな」と Python を使うことにした。

そんなわけで昨日から Python の勉強。
「Python 入門」で検索して見つけた buzzword group siteのPython入門ニシキヘビを飼おう Python入門 をざっと読んでなんとなく概要をつかむ。
ブロックをインデントで表すのか。リストのスライスが面白いな。forループが独特だ。ぐらいのことがわかった。
次に、Python Japan User's Group の インスタント・パイソン を読む。
Pythonの奥深さが垣間見れた気がする。自分がメタクラスとか使う日は来るのだろうか。

本当は Python Japan User's Group の Python チュートリアル を読んで理解を深めたいのだが、その前に何か作ってみようと Python の実行環境を作ることにする。
Google App Engine の Python SDK には、ローカルで動く Python 開発用サーバーが用意されている。
スタートガイド開発環境作成ステップに従い、
Python 2.5.4をダウンロードしてインストール(python-2.5.4.msiをダブルクリックして指示に従うだけ)
Google App Engine SDK for Pythonをダウンロードしてインストール(GoogleAppEngine-1.3.8.msiをダブルクリックして指示に従うだけ)
スタートガイドではコマンドプロンプトで Python 開発用サーバーを起動しているが、SDKに含まれている Google App Engine Launcher を使うと起動/停止以外にもいろいろできて便利。
スタートガイドのプログラムが実行出来ることを確認して今日は終了。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

himax64

Author: 南西
30代後半の無職です。
就活もせずダラダラ生きてます。
作ったもの

最新記事
人気記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。