FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HTML5&JavaScriptゲームエンジンのソースコードを読む

Canvasを使ったプログラムの共通部分をまとめて自分用のライブラリを作ろうと思ったのだが、方針が定まらない。
参考にするために、HTML5&JavaScriptゲームエンジンのソースコードを読むことにした。

ネットで検索して上位に表示された、ソースコードが公開されている以下の3つのゲームエンジンを選んだ。
Akihabara
ソースコードはリンク先の Download を参照。Githubにあるfull packageにはデモプログラムのソースが含まれている。
ちょうど1年前ぐらいに話題になったゲームエンジン。
紹介記事 HTML5/JavaScriptの遊べるゲームライブラリ「Akihabara」、iPhone/Androidにも対応
first commitは2010/4/20、今日時点の最新版は2011/3/22更新。
akihabara\docsディレクトリで、JsDocで作成されたリファレンスが見られる。

LimeJS
ソースコードは、リンク先右上のリンクから入手できる。
Closure Libraryを使用しているゲームエンジン。
紹介記事 パズル、落ちものゲームに使えるHTML5/JavaScriptのゲームフレームワーク「LimeJS」
first commitは2011/1/19、今日時点の最新版は2011/5/5更新。
リンク先右上のStudy the documentationで、JsDocで作成されたリファレンスが見られる。
開発するにはガイドに従ってライブラリをインストールする必要があるが、ソースを読むだけならインストール不要。

enchant.js
ソースコードは、リンク先の パッケージのダウンロード またはSourceから入手できる。
和製ゲームエンジン。ファイルが少なくてシンプル。
紹介記事 ユビキタスエンターテインメント,無料で使用できるHTML5/JavaScriptベースのゲームエンジン「enchant.js」をリリース
first commitは2011/4/17、今日時点の最新版は2011/5/1更新。
Sourceのdocディレクトリで、JsDocで作成されたリファレンスが見られる。


サンプルプログラムやデモプログラムのソースコードからたどって行って、細かい部分はすっとばしてコアの部分だけをざっくり読んだ。
基本的な方針はどのゲームエンジンもだいたい同じだと思った。
「基本的な方針」をうまく文章にできないのでここまで。
自分用のライブラリを作ってからブログにまとめるかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

himax64

Author: 南西
30代後半の無職です。
就活もせずダラダラ生きてます。
作ったもの

最新記事
人気記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。