FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

githubでソースコードを公開してみた

ソースコードのバージョン管理をきちんとやろうと思い、ソースコードの公開も兼ねてgithubを使うことにした。

これだけのためにCygwinをインストールする気にならないので、msysGitを使うことにした。
Github を Windows で使ってみる 2011 年版
に従ってmsysGitのインストールとgithubのリポジトリ作成を行った。
~/.ssh が自分の環境には存在しないなど、上記リンク先と動きが違うところがあったので、そこは原文を参照した。

リポジトリは作ったものの、どうやってソースコードを登録すればいいのかさっぱりわからない。
そもそもGitがよくわからない。
そんなわけで
分散バージョン管理システムGitの使い方入門
Gitを使いこなすための20のコマンド
をザザっと斜め読み。
でも git add とかよくわからい。

リファレンスはないのかと探したら
Git ユーザマニュアル
を見つけた。コマンドの詳細はhelpコマンドを使えばいいのか。
addコマンドの詳細を知りたかったので git help add と入力したら、ブラウザが起動してちょっとびっくり。
ファイル指定で * が使えるのは便利だ。

作成したソースコードをリポジトリに登録するには
  1. 登録対称ソースコードを、git init を実行したディレクトリに格納。
  2. Git Bashで以下のコマンドを実行。
  $ cd ソースコードを格納したディレクトリ
  $ git add .
  $ git commit -m 'コミットメッセージ'
  $ git push origin master
とするだけ。
git add . でカレントディレクトリのファイル/ディレクトリを全てaddできる。

この前作った 勝手にチンチロリン を機能追加する予定なので、JavaScriptソースコードをgithubで管理することにした。
READMEには、他を参考にしてファイルの概要やライセンスなどを書いた。
「使用や配布は自由ですが著作権は放棄しません」ってことでライセンスは BSD license にした。

リポジトリに登録してgithubに反映されたが、READMEの文字コードをUTF-8にしないと日本語が文字化けする。
コミットの取り消しってどうやるんだ?と調べて
githubにpushしたcommitの取り消し
に従ってコミット取り消して再pushした。

そんなこんなで作成したリポジトリはこちら。
mimami24i/jsdice

あとは使いながら覚えていこう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

himax64

Author: 南西
30代後半の無職です。
就活もせずダラダラ生きてます。
作ったもの

最新記事
人気記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。