FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JavaScriptでSGF構文解析プログラムを作る

チマチマと囲碁定石勉強用プログラムを作っているのだが、定石データを何らかの形式で管理しなければならない。
囲碁の棋譜として広く使われているSGF(Smart Game Format)を使ってみよう。

SGFで記述された定石データを解析するため、parser(構文解析プログラム)を作る必要がある。
既存のプログラムを探したところ、SGFを扱っているプログラムの一覧を見つけた。
Sensei's Library: Smart Game Format
JGo Board がJavaScriptで書かれている。ライセンスは Creative Commons(CC BY-NC 3.0) だ。

ソースコードを読んだが今回の用途とは微妙に合わないので、これを参考にしてSGF parserを作ることにした。
サンプルデータを解析できるぐらいのものはできたが、まだ公開できる状態ではない。

作ってみてわかったが、SGF parserはあまり軽くない。定石データは、parser解析結果のデータで管理しようかと思っている。
今回作ったSGF parserは、定石登録画面で使うことにしよう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

himax64

Author: 南西
30代後半の無職です。
就活もせずダラダラ生きてます。
作ったもの

最新記事
人気記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。