スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

jQuery Mobile を触ってみる

スマートフォン向けのサイトを作ろうと思って少し調べてみた。
jQuery Mobileを使えば手軽に作れそうだ。

入門記事はないかと探して、西畑一馬のjQuery Mobileデザイン入門をザザっと読んでみた。
「デザイン入門」なので、マークアップとCSSが中心でJavaScriptについてはあまり触れていない。
結局、リファレンスをひと通り読むことにした。

ページ遷移はjQuery Mobileがやってくれるので、リンクを貼るだけでいい。
遷移後のonloadや$(document).ready()に該当するものがわかりづらいが、data-role="page" のdivのpageinitイベントにバインドすればいいとわかった。
ただし、
$('#id').bind('pageinit', function(event){...
だとバインドされなかった。
$('#id').live('pageinit', function(event){...
だとバインドされた。意味が分からない。

とりあえず、
・メニューのリストから"ベジェ曲線を使ってみた"をタップすると、ベジェ曲線を使ってみたのCanvasが表示される。
・画面をタップするとボールが動く。もう一度タップすると止まる。
という動きをするMulti-pageを作ってみた。

作ってみたのだが、確認しようにもスマートフォンを持っていない
パソコンからスマホ用サイトの表示をチェックできるMobilizerをインストールしてみたが、CPU負荷が100%に張り付いて動かない。
スマートフォンよりも開発用PCを買うのが先だな。
結局、Safariをインストールして、開発メニューからUser-AgentをiPhoneにして一応動くことを確認した。(HTTPヘッダのUser-Agentを変えているだけなら意味が無さそう)

ページイベント周りがよくわからないから、あとで整理したい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

himax64

Author: 南西
30代後半の無職です。
就活もせずダラダラ生きてます。
作ったもの

最新記事
人気記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。