スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Titanium Studio]Androidエミュレータでのデバッグにハマる

Titanium Mobileの勉強を細々とやってます。
サンプルコードがうまく動かないので、Titanium Studioでデバッグしようとしたら失敗した。

結論を先に書くと、「AndroidデバイスをUSB接続中に、Androidエミュレータでのデバッグを実行すると失敗する

AndroidデバイスをUSB接続中でも、Androidエミュレータでの実行は問題なくできる。デバッグだとダメ。

需要があるかわからないが、Titanium StudioでのAndroidエミュレータデバッグ起動手順について書く。

1. デバッグ開始
project explorerのdebugボタンを押して開始。Ver1.0ではエミュレータでのデバッグしかできない。
debugボタン

2. debug perspectiveを開く
「debug perspectiveを開きますか?」と聞いてくるので、yesで開ける。聞かれなかったら、メニューバーのwindow→open perspectiveから開く。

3. アプリケーションがインストールされるまでひたすら待つ
デバッグビューのApplication installerが<terminated,exit value:0>となるまで待つ。
debugビュー
通常の起動に比べて、デバッグ時はインストールされるまで時間がかかる。
タイムアウトしたら、エミュレータを終了してやり直す。(結構な頻度でタイムアウトする)

なお、AndroidデバイスをUSB接続中の場合は、<terminated,exit value:1>となり、コンソールに
[ERROR] Exception: error: more than one device and emulator
と表示される。

4. エミュレータのロック解除
アプリケーションはインストール完了後に自動で起動される。
鍵マークをドラッグしてロック解除して、アプリケーションを表示する。
(アプリケーションがインストールされる前にロック解除してもよい)
エミュレータのロック解除

これでデバッグを開始できる。ブレークポイントの設定やステップ実行手順はeclipseと同じ。

はじめはFastdevが怪しいと思って色々と調べたのだが、Fastdevは悪くなかった。
Fastdevのコンソールに
Error killing app, result: ['App not connected']
と表示されることがあるが、これはFastdevサーバ上にアプリケーションが見つからないだけで問題ない。
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

himax64

Author: 南西
30代後半の無職です。
就活もせずダラダラ生きてます。
作ったもの

最新記事
人気記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。