FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横スクロールのゲームっぽい何かを作ってみた

HTML5 Canvas で簡単なゲームを作ってみようと思い立ち、8日目にしてやっと公開できるモノができた。
こちらに公開してます → 迫ってくるブロックをジャンプして飛び越える
sキーを押してスタートしてください。

できるまでの8日間を振り返ってみる。

1日目
  「スペースキーを押したら丸が放物運動をする」ものを作る。

2日目
  1日目に作ったものを、「スペースキーを押すまでは地面が等速で動いて、スペースキーを押したら地面が止まって丸が放物運動をする」ようにした。
  作ったものをここに公開。

3日目
  プログラミングはせず、ネットでゲームプログラミングについて調べた。
  ジャンル別ゲームの作り方とアルゴリズムまとめを見つけた。

4日目
  マリオのジャンプ実装法とVerlet積分(実践編)で紹介されていたVerlet法について調べる。
  みその計算物理学というすごいサイトを見つける。

5日目
  Verlet法を使って、キーを押した長さに応じてジャンプの高さが変わるプログラムを作成。
  作ったものをここに公開。

6日目
  ブロックが右から左へ移動するアニメーションと、キャラクターとブロックの当たり判定をプログラミング。ゲームっぽくなる。

7日目
  ブロックの位置や高さを記述した文字列を読み込んで、ブロックを配置する部分をプログラミング。
  スタート/クリアメッセージ画像をGIMP2で作成。
  テストと難易度の調整。

8日目(今日)
  引き続きテストと難易度を調整し、Internet Explorer対応をして公開。

「迫ってくる物体をジャンプして飛び越える」というゲームのイメージは1日目からあったが、そのために必要な「キーを押した長さに応じてジャンプの高さを変える」プログラムを作るのに5日かかった。時間がかかった割には、他に応用できそうな気がしない。
テストと難易度の調整に2日かかった。keyupイベントが拾われなかった場合のバグに公開直前に気づくなど、パスを網羅しても見つけられない部分のテストが難しい。
自分で作ったステージをクリアできなかったため、ジャンプ力を表示したり地面に等間隔に印をつけたりした。

次は音が出るようにしよう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

himax64

Author: 南西
30代後半の無職です。
就活もせずダラダラ生きてます。
作ったもの

最新記事
人気記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。